Fri, Jul 31 | Zoom

El Tendedero Online Workshop

Join us in solidarity, along with the Mexican Embassy in Japan, against harassment and gender-based violence.
Registration is Closed
El Tendedero Online Workshop

Time & Location

Jul 31, 2020, 6:30 PM – 8:30 PM GMT+9
Zoom

About The Event

According to the World Health Organization, one out of three women around the globe experience physical or sexual violence throughout their lives. It is clear that violence against women has been its own global pandemic for a long time. WHO(世界保健機関)によれば、3人に1人の女性が一度は身体的もしくは心理的な性暴力を経験するそうです。今に始まったものではなく、歴史上長い間パンデミックであり続けているのです。 Mexican artist Monica Mayer understood this when she started her “El Tendedero” interactive art installation project in Mexico City in 1978, as the second wave feminist movement began to flourish in her country. メキシコ人アーティストのモニカ・メイヤーさんは、1978年にメキシコシティでエル・テンデデロを開始したときから、女性に対する暴力の拡大性を認識していました。当時は、ちょうど第二波フェミニズムが始まったころでした。 She wanted to transform a traditionally feminine space of labor, a clothesline (“El Tendedero” in Spanish), into a site of agency where individuals could share their experiences regarding violence against women and generate a community discussion on this important issue. They would write their anonymous responses on a card and pin it to the clothesline. メイヤーさんは、エル・テンデデロを通じていわゆる「女性の労働の空間」と理解されていた洗濯物干し(エル・テンデデロ)を「女性が主体性を発揮する空間」への転換を目指しました。具体的には、女性たちが暴力に関する経験を共有し、議論できる安全なスペースを作ろうとしたのです。キャンペーンの参加者は、女性に対する暴力に関する質問が書かれたカードに、匿名で回答を書き込み,「洗濯紐」にぶら下げます。 WE Int created our own online El Tendedero: WE Intは、自分のオンライン「エル・テンデデロ」を作成しました。 https://www.womenpoweredint.org/eltendedero To conclude WE Int's digital "El Tendedero" campaign, we invite you to attend our workshop to discuss these important issues and join us in solidarity against harassment and gender-based violence. WE Intのデジタル「エルテンデデロ」キャンペーンを完了するために、ワークショップに参加してこれらの重要な問題について話し合って、ハラやジェンダーに基づく暴力に対する連帯に参加してください。

Registration is Closed

Share This Event