• WomEnpowered International

Event Report: Dale Carnegie Professional Skills Training for Students

On October 8th 2019, WE Int. members had the pleasure of participating in a professional skills training workshop at the Dale Carnegie headquarters in Tokyo as part of their annual Global Day of Giving. Dale Carnegie is a renowned US leadership training company that has been offering its services to communities around the world for the last 100 years.


The workshop was led by Dr. Greg Story, the president of Dale Carnegie Japan and WE Int. members took part in a crash course on leadership, career building and personal development strategies. The session started with an introduction to the organisation and a general discussion on our individual learning goals for the evening. The workshop then transitioned into an exercise centred around tackling our ability to engage in difficult conversations whilst objectively analysing both sides of the argument.


As we began the exercise, we organised into groups of three, each individual taking the role of either the person stating the option, the one disagreeing or the judge assessing our performance. Throughout the process, we realised that it was indeed a challenge and it made us reflect upon the nuances of language when negotiating. How do we avoid using the word ‘but’ as we respond? How to stay composed when we perceive an argument to be totally ridiculous? And most importantly, how to seek out the opportunities for reconciliation and relationship building rather than division. A fundamental skill when encouraging the strengthening of work relationships. A particular highlight was hearing everyone’s experiences and techniques, as well as getting feedback on our own approaches.


Through Dr. Story’s key tips and collective discussion with the participants we practiced skills that were applicable not only in our professional life but also in other areas may it be personal or academic. It was a thoroughly fun and thought provoking session. At the end we were welcomed to drinks and snacks and were able to meet new WeInt members and talk to the Dale Carnegie staff. Our special thanks to Dr. Greg Story and Ms. Mami Natsukawa for organising and leading the event. We look forward to more collaborations in the future!



Article Contributed by: Emily Larcombe

 10月8日、WE Int.のパートナーシップであるデール・カーネギー・トレーニング(Dale Carnegie Training)様が「Global Day of Giving」というイベントを通して、大学生を対象にトレーニングコースを無償で提供してくださいました。


 デール・カーネギー・トレーニングとは、1912年にニューヨークで開校以来、900万人以上の卒業生を送り出している世界的に実績のあるグローバルプログラムです。「ポジティブでモチベーションを高める独自のアクティビティや、ディスカッションを通じて」、コミュニケーション、リーダーシップなどのプロフェッショナルスキルを高めるコースを提供しています。「Global Day of Giving」は、トレーニングコースを若者に提供する社会貢献活動(CSR)として、毎年行われています。



 当日は、デール·カーネギー·トレーニン

グ·ジャパン代表取締役であるGreg Story様が講師として、トレーニングしてくださいました。レクチャーの冒頭に、Story様はまず参加者全員に高めたいスキルを書いてもらい、最後に達成度をチェックするという形で進行しました。


 今回のトレーニングのテーマは「Disagree Agreeably」です。職場において、コミュニケーションの中で、意見のぶつかり合いが生じることは誰しも経験するでしょう。反対意見の受け取り方により、人間関係や仕事の生産性などにおいて異なる結果がもたらされることもしばしばです。したがって、反対意見をどのように受け取り、ネガティブな結果をどう避けるかは職場において非常に重要であり、日々の練習が必要だというお話を伺いました。


 その一つとして、「reaction」と「response」の違いを意識することは重要です。自分とは異なる意見を前にした時、思わずやってしまうような反応的な振る舞いは「reaction」です。これはとても自然な反応ですが、一度言ったことは取り消せないため、円滑なコミュニケーションを取るには、まとまった自説を組み立てた上で「response」をすることが望ましいのです。そこで、反応的な行動を避けるために、まず間を置く「cushion」を作り、自分で考える時間を取る必要があります。そして、「but」(しかし)など批判的な言葉を避けて、「and 」、「well」(そうですね)など中立的な言葉を選びながら自分の意見を述べると、会話がよりスムーズになります。


 レクチャーが終わった後、学生たちがチームを組み、意見を主張する役割、違う意見を述べる役割、フィードバックの役割に分けて、6回の実践練習が行われました。トレーニングの冒頭に書かれたスキルもほぼ鍛えることができました。一見簡単な練習ですが、反応的に出る批判的な言葉を避け、短い時間で自分の意見をまとまるのは意外に難しいことを、全員が実感できました。


 口から出た言葉は二度と取り消すことができないものです。思わず出たリアクション、深く考えずに言った言葉で、人間関係で苦労した経験は誰でもあるでしょう。円滑なコミュニケーションスキルは、職場においてビジネスの成功につながり、日常生活においても大切な人間関係を保つ上で役立ちます。簡単そうに思われがちな「cushion」練習は、自分のためにもじっくり鍛えるべきだとわかりました。


Article Contributed by: Yiting Fei and Yoko Fujii

Stay

  CONNECTED with us

Follow Us

  • Facebook
  • LinkedIn - Grey Circle

© 2019 WomEnpowered International. All Rights Reserved